C'est la vie

日々の言葉だったりホロスコープだったり、雑記など

ジュピターリターン

 

 

12星座のお話を書いてから少し間が空いてしまいました。

現在スピ界隈の人たちの間では22日の獅子座新月皆既日食)の話題で溢れていますね。
そりゃそうですよね、だって一年に2回も獅子座で新月が起こって、更に皆既日食
この夏の太陽の下大きなパワーがグワーっと動いているのを私もひしひしと感じております。

まぁ、そちらに関しては色々な方が書かれていると思うので他で読んで頂く事にして、今回は「木星」について思うところを書いて見ようかな、と思います。

と言うよりも…
実は昨日、夢の中で「木星のこと早く書きなよ」って急かされたので(誰に?w)
書かなきゃ〜と思った次第です。汗

さて、その「木星」ですが
10天体で一番大きく、ベネフィック(吉星)と呼ばれています。
ここからはその「木星」がどのような天体なのか少し探ってみたいと思います。


木星Jupiter  

 

ホロスコープ上では「♃」で表されます。

射手座の支配星であり、ナチュラルハウスは9室(高等教育、旅行、原則、哲学)を担当しています。

木星が位置する場所は「あなたが豊富な幸運を引きつけられるところ、知識を得られるところ、そしてそこから多くの利益を得る事ができるところ」を意味します。

木星には2つの面があります。

楽しさ」と「軽薄」
「思慮深く」と「哲学的」

木星はこれらに加え、運と拡大を表します。
そしてあなたが触れるものに対して広げていく力を持っています。

それは富の拡大であったり、社会生活での活躍、子供を持つ事であったり、キャリアの拡大、または多くの友人関係を広げる可能性もあります。

これらの事柄がどのように現れて来るのかは天体の入るハウスやアスペクトを見る必要があります。

木星は「大きな利益の惑星」と呼ばれ幸運のお守りとしてよく知られています。
確かにそれは間違いではありません。

ホロスコープ上の木星の位置する場所は「あなたの最大の幸運がどこで起こるのか」そして最も慎重である場所を示してくれます。

しかし木星は時々気まぐれを起こす事もあります。

それはどういう事かと言うと
木星はあなたのルーズな部分も拡大させてしまう事もあるからです。
木星の力を存分に使っていないと、ズルズルと怠惰な方へ拡大してしまう可能性もあるのです。



木星は1つの星座を一年、約12年かけて一回りします。
更に毎年約4ヶ月ほど逆行をします。

そして生まれた時の木星の位置にトランジットの木星が戻って来ることを「ジュピターリターン」と言います。
(はー、やっとタイトルがここに来て出ました)

 

ジュピターリターンはネイタルの木星とトランジットの木星の合(コンジャンクション)と言うピッタリと重なる現象です。

 

これは先ほどの12年で一周する事を考えると、大体12歳、24歳、36歳…と言った具合で巡って来るんですね。


ジュピターリターンの時期は自分の能力を最大限に発揮する事で幸運が訪れてくると言われているんです。
そして愛情面でも非常に恩恵があるとされています。
長期的なパートナーと知り合えたり、または共同事業する際の人間関係に恵まれたり…と言ったような。


実は、木星蠍座入りする10月10日から程なくして私のネイタル木星コンジャンクションするんです。
(年がバレますね)

ジュピターリターンはこれから先の12年、より良い人生にしていく為に訪れる1つのご褒美なのかな?と思います。


ここまでの12年と比べて達観しているでしょうし、ここからまた更に人生の意味を探求して理解し、それを楽しんでいく。
そうする事によってどんどん人生に厚みが出て輝きを増していくような気がします。