C'est la vie

日々の言葉だったりホロスコープだったり、雑記など

トランジット土星が入るハウス 〜3ハウス〜

 
お待たせしました。 
無事に?肩と腕の調子も戻りつつ
ホッとしたところで
また今月から徐々に進めていきたいと思います。
 
いよいよ10月に入り木星蠍座に入る準備が始まりました。
 
木星は1年かけて1星座
土星は2年半かけて1星座
 
なのでご自身のチャートに当てはめても年単位で起こることがわかるので
意識しやすいし、水星、金星、火星とはまた違って
鍛え甲斐があるかな?と私は感じています。
 
このブログでは今、年末に動く土星にフォーカスを当てているのですが
事前にわかる事に注意を向けるのは
今後の人生をより良くしていくためにも大変重要だと考えます。
 
というのも
突然何かわからないけれど試練が訪れたり
今までうまく行っていたことが回らなくなったり
と言うことが不意に自身に降りかかっても
それが天体が課した試練やテストなんだな、
と思うことができれば
この先数ヶ月続く事に対しても希望が持てるのでないかと思います。
 
自身のチャートは使ってこそなんぼです。
全てを使いこなすのは頭も使うし時間も多少はかかると思います。
 
ですがその先に今よりも輝かしい未来が待ってる
と考えると毎日もまた違った色に見えて
一つの物語のように生き生きとしていくのでなないでしょうか。
 


では早速前回の続き
「トランジット土星が入る3ハウスについて」
を書いていきたいと思います。
 
 
 
3ハウス
 
 
土星は3ハウスを通過する間
思考やコミュニケーションに焦点を当て
あなたを刺激していきます。
 
 
2ハウスを過ぎた後
今度は人生の基盤を固めていくのに必要となる
知性を開発していく作業に取り掛かります。
 
 
3ハウスに入った土星
あなたにとってコミュニケーションと
識別力を向上させる必要がある場所を明らかにし
あなたの考え方に対し注意を払うことを促します。
 
 
ここではあなたの心を鍛え、自身を表現する新しい方法を学ぶよい時です。
 
 
構造化された学習を通して
あなたのアイデアに深みや価値が付加されていきます。
 
 
そして土星は真面目な分析力と実践的な思考を使い
あなたを助けてくれるのです。
 
 
関心のある特定の分野を掘り下げて勉強したり
より深みと知性をもって自分自身を表現するのに役立つ
新しいスキルを学ぶことは課題でもあります。
 
 
この期間は膨大な情報に圧倒されることがありますが
あなたはこの中から長期的に役立つ情報を見極め
将来的に引き出せる知識体系を作っていきます。
 
 
複数の視点から学習することであなたの視点は広がり
イデア、概念、方法を比較して
自分に最適なものを見つけることができます。
 
 
土星が3ハウスを通過中は
深刻で慎重になりやすい時期でもあり
簡単な問題まで深く掘り下げてしまい
時間や労力を奪ってしまう可能性もあります。
 
そのような状態になってしまうと
土星は否定的に働いてしまいます。
 
もしあなたがこの期間に何か失敗したり
落胆するようなことがあって自分自身や人生に失望した場合は
それを「土星が課した学習経験なのだ」と考え
個人的な問題として捉え過ぎないようにしてください。
 
 
このトランジットは自己知識を築き
知性を広めていくための時期です。
 
3ハウスの土星
必要な情報とそうでないもの
あなたの心がどのように働くのか
そして情報を使って自分を定義し
実際の経験に基づいて考えを立てることを
求めていくのです。
 
 
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は「トランジット土星の4ハウス」です。