C'est la vie

日々の言葉だったりホロスコープだったり、雑記など

トランジット土星が入るハウス 〜7ハウス〜

 
久しぶりにパワーストーンを枕の下に置いて寝るようにしたら
また夢を見始めました。

しばらくは置いてなかったのですが
何となくふと気になってまた置くようになりました。
 
そう言う時ってありますよね。
何だかわからないけれどやった方がいいとか
何となく今はこっちの気分とか
 
そのパワーストーンは私にとって
とても強力に働いているみたいで
その石を置いた時だけ
目覚めてもほぼ夢の内容を覚えているんです。
 
夢にもまた意味があるようなので
いつかそれも記事にできたらいいなと思っています。
 
 
 
さて、今日も引き続き「トランジット土星が入るハウス」を書いて行きます。
 
今日からはチャートの下半分から抜け出し
パブリックな世界に出て行きます。
 
 
 
 
7ハウス 
 
 
7ハウスのトランジット土星
あなたの1対1の関係性に影響を与えます。
 
 
ここは7ハウスのカスプでディセンダントと呼ばれ
ここから外の世界へ出て行くことになるわけですが
 
土星がこのハウスに来た
と言うことは
 
これより前の6つのハウスであなたが努力してきたものを
ここから先、社会に出てその力がどのように働いて行くのか
発揮して行く場所であるとも言われています。
 
 
あなたはこの時期に目標や習慣など
そしてあなたと最も近い人々と和解やバランスをとる必要があります。
 
 
7ハウスは関係性を表すハウスですが
それは夫婦や親密なパートナーだけではありません。
仕事上の関係であったり相互にコミットし
協力し合う重要な関係も指します。
 
 
全ての関係性に影響があるのですが
その影響が最も強く出るのが
 
あなたに最も近いパートナーシップや結婚に関してです。
 
 
土星はあなたに
関係の必要性、制限や義務など
あなたをより真剣に今の関係に向き合うよう働きかけます。
 
 
土星はあなたに
人生と個人に重大な影響を及ぼす関係において
現実的であるようにと伝えます。
 
 
あなたが他の人に多くを期待しすぎている場合や
またはパートナーシップがうまく機能していない場合
できるだけ客観的に最善の方法で物事を決定する必要があるのです。
 
 
この土星が課すこの時期
関係性にストレスや困難を感じるかもしれません。
 
しかしその結果、土星が7ハウスを過ぎる頃には関係が強化され
以降は持続可能なもの以外あなたから離れて行くでしょう。
 
 
ここではあなた自身が他の人にとって正直に接しているのか
そして本物の関係を築く努力をしているかにかかっています。
 
 
関係性は終了してしまうかもしれないか
または以前とは違ったアプローチが必要になるかもしれません。
 
 
ディセンダント、そしてこの7ハウスは
あなたが無意識に他の人に自分自身を投影する事を示しています。
この時期は一歩引いて物事を見る必要もあるでしょう。
 
 
そして土星はあなたの必要とするものと
他者のニーズとバランスを取るよう促します。
 
 
自分自身をより明確に個人として定義する必要があるかもしれませんが
柔軟になり、両方のパートナーが成長することができれば
依然としていい関係にあるでしょう。
 
 
さらにこのトランジット土星は関係についてだけではありません。
 
土星はあなたに自身の才能や興味を際立たせ
あなたは何ができるのかと言う事に挑戦させます。
 
 
あなたがこの時期に挑戦し必要な働きをするのならば
社会はあなたの能力や才能を認めるようになります。
 
 
ここでは土星がMCに来る時に備えて
輝き頑張る時間でもあるのです。