C'est la vie

日々の言葉だったりホロスコープだったり、雑記など

土星を考察してみる

 

昨年末に土星がホームである山羊座に戻って来ました。 

土星は29年に一度自分のネイタルの土星と重なりますが
そこから7年毎にスクエアオポジションスクエアコンジャンクション
アスペクトを形成して行きます。

途中にソフトアスペクトも形成されますが
今回はハードに絞って(汗)考えてみたいと思います。


土星はこの一言につきますね。

 

「The 制限」

 

「はいはい、どんどん絞って行っちゃうからね。」
「監督してあげるからコツコツやりなさいよ。」
「はいそこ、おしゃべりしてる暇ないよ〜」
「ふわふわしてないで真面目にやりなさいね。」

こんな感じでしょうか?
元々真面目に暮らしている方にとっては
そんなに厳しさを感じさせないのではないかな?
と思いますが。 どうでしょうか?



例えば出生図で土星が他の天体とアスペクトをとっている場合
その人は知らず知らずの内に土星を使いこなしている可能性もあるので
トランジットの土星が何らかのアスペクトを形成しても
そこまで厳しさを感じずにやり過ごしてしまう事もあり得ると思うからです。
(その人の元の性格もあるだろうけどね)

 

 

ちなみに私の場合はと言うと
ちょっとデリケートな問題になってしまうのですが
サターンリターンの時に流産を経験してます。
これを「土星の制限」と片付けるのは違う気もしますが
とりあえず私の身に起きた出来事として記載します。
(あくまで私の場合です)

そしてそこから7年後のスクエアを形成する時期に
離婚してます。

こう書くとヘビーだな(笑)

 


ただ、一つ前の記事でも書いた通り
私のガーディアンが導いてる気がするんです。
それは「私が今世でやるべきことに向かわせる」

 

その為に土星冥王星と言う重い天体を使って
ヘビー級の出来事を起こしたりして私にその事を気づかせる。

 

「おまえ〜、そっちじゃないよ〜 」スパコーンって叩かれる感じですかね? orz

 

実は私のネイタルの天体は大変偏ってまして(汗)
上半分に天体が集中しています。
他にも色々あるんですが
表に表に出て行かなきゃいけない感じの出生図になってます。

しかも土星に限って言うとアスペクトソフトしかありませんが
カルミネートである事(MCに一番近い天体と言う事ですね)

更に私が感じる土星の力として
私のネイタルの月に母親の土星が寸分の狂いもなくコンジャンクションしています。


つまり生まれた時から(この場合は家族からですが)
土星の力を感じている訳です。
ちなみに私は母親が好きではありません。


で、ここに来てようやく私も目覚めたと言うか
いよいよやるべき事が「これかなぁ」と定まりつつあり
今はそれに向けて試行錯誤している訳ですが…

 

確かに土星は厳しい事をふっかけて来る事もあります。
私も渦中にいた時は「何でこんなに辛い思いしなきゃいけないんだろう」って
泣きまくったりボロボロで精神的にもかなり危なくて、死にたくなる時もありました。

 

でもね、頑張って踏ん張ってそこを乗り越えると
「あれ?私、強くなってるじゃん。」ってある時に気付くんです。

で、その時にやる気も一緒について来ます。
知らない間に一回り成長した自分を体感しているんです。

「頑張って踏ん張る」と言ってもほどほどに
緩やかに穏やかに日々を丁寧に過ごすだけでいいと思います。
決して「もっと頑張らなきゃ」という思いは持ち過ぎないようにしてください。

 

生きている限り不安や辛い事を避けて通ることはできないけれど
この瞬間を大切に、その時その時自分の心と会話をして
亀の歩みでもいいので進んで行きたいですね。

土星のハードアスペクトが解けるころ
きっと素敵な贈り物が届けられると思います。
その時に思いっきり笑顔で受け取れる自分でいたいですね。

 

ちなみに私は今の私が一番好きです。